「彼氏に強い嫉妬心を抱いてしまう」「恋愛をすると何も手につかない」といった女性もいるのではないでしょうか。 もしかしたらそれは恋愛依存症かもしれません。 そこで今回は、恋愛依存症になりやすい人の特徴と克服する方法についてご紹介します。

恋愛依存症になりやすい人の5つの特徴

喧嘩をしたり、相手の気持ちが分からなくなったりするなど、恋愛は楽しいことばかりではありませんよね。

しかし、大好きな彼のことで悩んでばかりいる状態が続くと、自分自身が苦しくなってしまうもの。
もしかしたらそれは彼や恋愛そのものに対する依存が原因かもしれません。

では、恋愛依存症になりやすい人の特徴とはどんなものなのでしょうか。
さっそくみていきましょう。

何よりも彼氏優先

恋愛依存症になりやすい人の特徴1つ目は何よりも彼氏優先です。
毎日が彼氏中心で回っていくため、付き合う前と後で日常生活に大きな差が現れます。

たとえば、今まで楽しく続けてきた趣味をやめたり、仕事を後回しにしたりするなど。
また、友人と遊ぶ約束をしていても、彼氏から誘われれば平気でドタキャンすることもあります。
最悪の場合、人間関係に支障が生じ、大切な友人を失いかねません。

大好きな彼氏と「一緒にいたい」と思うのはごく自然なこと。
しかし、仕事や他の人間関係が疎かになる場合は注意が必要です。

尽くし過ぎる

恋愛依存症になりやすい人は、相手に尽くし過ぎてしまう傾向があります。
恋愛において思いやりや優しさは大切です。

しかし、尽くし過ぎてしまうと対等な関係を築けず、結果的に自分が苦しくなる可能性があります。

恋愛依存症に陥っている女性の中には、自己犠牲を払ってまで相手に尽くす人が多いです。
たとえば、相手の無理な要望を聞き入れたり、余裕がない中で金銭的な援助をしたりするなど。

こうした行動の背景には、嫌われたくない気持ちがあります。
とはいえ、度が超えると身体的・精神的な負担となるため、良好な関係を続けることは困難です。

嫉妬心が強く、束縛をする

恋愛依存症になりやすい人は嫉妬心が強く、相手を束縛しがちです。
これは恋愛依存症の中でも代表的な症状といえます。

たとえば、彼氏が他の女性と話していると激しい怒りを覚えたり、「私以外の女性と話さないで」「毎日必ず連絡して」と行動を制限したりするなど。

誰しも好きな人に対して嫉妬心や独占欲が生まれるものです。
しかし、相手を縛りつけても良好な関係を築くことは困難でしょう。

感情の起伏が激しい

恋愛依存症になりやすい人は、感情の起伏が激しいです。
彼氏と一緒にいるときは幸せや喜びで心が満たされ、とても穏やかな気持ちになれます。

一方で、一緒にいないときは「振られるかも」「嫌われたらどうしよう」といった不安に駆られ、気分が沈んでしまいます。
また、彼氏の何気ない言動から過度に浮気を疑うことも。

目まぐるしく感情が変化するため、相手を振り回すだけでなく、自分自身も疲れ果ててしまいます。

相手の行動を全て把握したがる

相手の行動を全て把握したがるのも、恋愛依存症になりやすい人の特徴の1つです。
たった1日会えないだけでも、相手がどこで何をしていて、誰と一緒にいるのかが気になります。

そのため「今何してるの?」「どこにいるの?」としつこく連絡したり、相手のSNSをチェックしたりといった行動に出ることも。

全てを把握しようとする行動は、相手を縛りつけることになります。
さらに執着や束縛が強まる可能性もあるため、注意が必要です。

恋愛依存症を克服する2つの方法

恋愛依存症に陥ると、仕事や人間関係に悪影響を及ぼす可能性があります。
そして何より、大好きな彼との関係にも支障が生じかねません。

では、恋愛依存症から抜け出すためにはどうしたら良いのでしょうか。
ここからは、恋愛依存症を克服する方法を2つご紹介します。

自分の気持ちと向き合う

恋愛依存症を克服する方法1つ目は、自分の気持ちと向き合うことです。
恋愛依存症に陥る原因として、幼少期の家庭環境や過去のトラウマなどが考えられます。

彼氏に嫉妬したり、強い不安に襲われたりしたときは、一度自分の気持ちと向き合ってみてください。

「何が不安か」「なぜ嫉妬してしまうのか」「本当はどうしたいのか」といったことを自分の心にに問いかけてみて。

恋愛依存症を克服するためには、まず自分自身をよく知ることが重要です。
頭でただ考えるよりも、紙に書きながら自分と対話すると良いですよ。

好きなことや趣味に時間を使う

恋愛依存症の中には、彼氏や恋愛以外に夢中になれるものがない人が多いです。
そのため、他に夢中になれるものを見つけ、好きなことや趣味に時間を使うと良いでしょう。
たとえば、料理をしたり、好きな音楽や映画を鑑賞したり、ペットと遊んだりするなど。

最初は無意識に彼氏のことを考えてしまうかもしれません。
しかし、好きなことや趣味に打ち込んでいく中で楽しさを感じられれば、彼氏と一緒にいない時間も充実するはずです。

依存=幸せとは限らない

今回は、恋愛依存症になりやすい人の特徴と克服する方法についてご紹介しました。
恋愛依存症に陥ると、相手と自分のどちらにも大きな負担となります。

人を愛することはとても素敵ですが、依存=幸せとは限りません。
まずは自分の気持ちと向き合い、少しずつ克服していきましょう。

#

著者紹介:おしりん

96年生まれ。 美容関係の仕事を経て、フリーランスウェブライターへ。 女性向けの恋愛、ライフスタイルをメインに執筆活動中。 音楽、洋服、筋トレ、旅行、料理が好き。